トップページ > 記事閲覧

電話占いタバサの森

日時: 2013/02/06(Wed) 21:28
名前: 匿名

情報交換しましょう!
記事編集 編集

Re: 電話占いタバサの森 (No.1)

日時: 2014/11/19(Wed) 20:29
名前: 匿名

R市の権力者たちは、権力者というものの例にもれず、一般人より良い暮らしをしていた。たとえば、5月の祝日(メーデー、戦勝記念日)には祝日用のマシュマロや中国製のタオル(高価ではないがソ連時代は常に不足していた)、あるいはカラー上装版の「ビルマ物語」の本を受け取ることができた。11月の祝日にはセントラルヒーティングの部屋から、ミトンをはめた手を、こごえる群衆に向かって心を込めて振っていた。一般人は夜中に床の中で寝返りを打ちながらこういう暮らしの夢を見るものだ。とはいえ、権力者には権力者の夢があるものだ。最初から悪意を向ける必要も、妬む必要もないと私には思える。私たちを匿ってくれたアントニーナさんは、どこか彼女の宇宙における高みに向かってセントラルヒーティングのパイプのことについて申し開きをしなくてはならないようであった。だからR市のアスファルトが壊れて、人々が煮えたぎった地下の温水へ落っこちて戻らなくなり始めたとき、最高天はこの予期せぬスープの件についてアントニーナさんの責任を問うてきたのである。
記事編集 編集

Re: 電話占いタバサの森 (No.2)

日時: 2014/11/19(Wed) 20:29
名前: 匿名

しかし、結局のところアスファルト自体はアントニーナさんの管轄ではなく、ワシーリー・パラモノーヴィチさんの管轄なのだから、文句は彼に言ってほしい、と怒りのアントニーナさんは、明るい色をした滑らかなオフィスのテーブルと、暗い色をした家のやつに拳をたたきつけて主張した。人々が落っこちていたとき、ワシーリーさんは不在であった。しかしながら、とある上司が彼を、ヘリコプターからコルホーズの鹿を狩るのに誘っていた。彼は厳しく注意されたいなどとはまずもって思っていなかった。彼が上司と仲のいいことが、アントニーナさんの関心を引いた。その事実は、彼の青白いノーメンクラトゥーラ(これ自体はリストのことなのだが…)の服に対して、白百合のような影を投げかけていたのである。彼は・・・を示唆し、抜け目なく全てを要約し、やりくりして、工作をした。そしてアントニーナさんのパイプはもとから錆びていなかったので、ワシーリーさんのコンクリートを侵食などしたはずがない、という点を強調した。
記事編集 編集

Re: 電話占いタバサの森 (No.3)

日時: 2014/11/19(Wed) 20:30
名前: 匿名

これは正しいのだろうか?正しい。双方向への口論が起こっていた間、水はアフメド・ハシャーノヴィッチさんの木を地下から侵食したため、木は崩れ落ち、年金生活を目前に控えたオリガ・クリストフォロヴナさんの管轄の一つがいの犬をぶっ潰した。当然ながら、最終的に責任の全ての矛先を向けられたのはオリガさんであった。である以上、彼女は、自分の管轄下の部署が野良犬を撃ち殺さないで放置していたことを思い出さされざるを得なかった。会計年度の間じゅうずっと、犬どもは我々人民とパブリックスペースと子供の遊び場の尊厳、我々の黄金に輝くかけがえのない通貨、我々の絶え間ない、疑う余地のない成功の担保と保障、我々の誇りと楽しみの尊厳を損ない続けたのであるから、膝の上で暮らさせてやるよりも、煮えたぎった湯の中に立たせておくのがいいということになった。
記事編集 編集

Re: 電話占いタバサの森 (No.4)

日時: 2014/11/19(Wed) 20:30
名前: 匿名

彼女の身持ちの悪い犬たちに何が起こったのか、私は言いたくもない。雑種の犬だったことを強調しておかねばならない。そのうえ、彼女の犬が木を倒し、アスファルトを掘り返し、セントラルヒーティングのパイプをかじって穴を開け、そのせいで14人もの人々が母なる地球の中で茹でられた―1インチでもいいから掘削できたらなあ!―という事実だって全く有り得なくはない、ということになった。そのうえ、西洋のラジオが実際には犠牲者の数は15人だったと悪意の報道をし始めた。しかし、皆さんに言っておきたいのだが、これは、こういった事態にはつきものの、計算ミスである。なぜなら、15番目の犠牲者は全快し、鳥もちを製造する盲人の組合で働き始めたからである。だから、海外の走狗どもや、ヒステリックな右翼どもの、虚偽の報道は、地元の新聞のユーモア欄の役にしか立たなかった、というわけ。
記事編集 編集

Re: 電話占いタバサの森 (No.5)

日時: 2014/11/19(Wed) 20:31
名前: 匿名

(これまでの主人公の系譜に繋がる、事実の妄想的な解釈と言える思考が広がっている。)

かくして、オリガさんの真実の姿が明るみに出てしまった。彼女はわき目も振らずに年金生活に入った。本腰を入れて、自分の戦いの記録を執筆したかったのである。若いころ彼女は騎兵隊のスカドロンで駆け回っていた。彼女は指揮官ショウと知り合いで、刻印の入ったサーベルで表彰されたことさえあった。そのサーベルは今でも、彼女がダゲスタン代表団から贈られた、ブルーのジグザグのついたラズベリー色のじゅうたんの上方にかかっている。そしてサーベルの下の軍用毛布に覆われた狭いベッドでは、だれにも求められなかった彼女の純潔が毎晩たそがれていた。
記事編集 編集

Re: 電話占いタバサの森 (No.6)

日時: 2014/11/19(Wed) 20:31
名前: 匿名

ところで、公正さとより俯瞰的な視野のために言っておきたいのであるが、アントニーナさんが臆病に振る舞い、R市の人民茹で上げという事態についての罪を脱ぎ捨てたとはいえ、(だれが臆病でなくいられよう)概して彼女は状況のトップにとどまり続けた。彼女はオリガさんの役どころと、我々の成功と今日の高い地位(と彼女は言うのが好きだった)への貢献をすっかり理解して認めた。そして、そうしようと思えば確かに出来たのにも関わらず、彼女はティムール・スカウトのリストからオリガさんを抹消しなかった。代わりに毎年10月には、冬用の薪を斬るのに、オリガさんのところに、斧を持たせて2人の思春期の少年を派遣してやった。一方、オリガさんは如才なく、自分の住居はセントラルヒーティングに切り替えて久しいから薪など要らない、という点を強調して繰り返した。
記事編集 編集

Re: 電話占いタバサの森 (No.7)

日時: 2014/11/19(Wed) 20:31
名前: 匿名

彼女は少年たちを追い返したりはせず、代わりにマルメロのジャムでロシアンティーを振舞ってやったり、窓枠の白いゼラニウムをspareすることなど考えもせずに、サーベルの扱い方を教えてやったりして彼らをもてなした。友好のしるしに、彼女は、彼らにタバコを送ってやりさえした。―彼女はヘビースモーカーだったのである―新年間際、二人の少年が斧でこじ開けた売店が近所にあった。彼らはそこから4キロのハードキャンディと、安マカロニを母親、祖母のぶんそれぞれ1パックずつ持ち帰った。裁判で彼らはPrudhommeから全て盗品だと教わった、と語り、バクーニンの業績についての博識ぶりを証明した。キャンプを去る時、彼らは哲学省への願書を出しに戻ってくるから、と約束し、むせび泣くオリガさんに刑務所のハンカチを振って見せた。
記事編集 編集

Re: 電話占いタバサの森 (No.8)

日時: 2014/11/19(Wed) 20:31
名前: 匿名

事実、アントニーナさんは私たちの仲間ではなかったけれど、素晴らしい女だった。彼女は鋼鉄のように丈夫な歯をして、髪はカールさせてあった。うなじは高い位置で刈り込まれていた。
「お嬢ちゃんたち!」と彼女は私たちに言いさえした。

彼女は首元に木製のブローチをつけていた。パリ製の明るい色をした、香りのきつい口紅をしていた。その味さえわかった
記事編集 編集

Re: 電話占いタバサの森 (No.9)

日時: 2017/03/19(Sun) 16:28
名前: ゴキブリ

ゴキブリ女がルーナとココナラにいるね。
鼻の穴がデカくて出つ歯なんだね

ゴキブリ占い師の顔見て大声で笑いたい
こんなブスでも生きてるんだ

ブス!!つて叫んですつきりしたい

そうしたら占い止められそうだ
ゴキブリSおつ!
記事編集 編集

Re: 電話占いタバサの森 (No.10)

日時: 2017/03/21(Tue) 04:41
名前: そうしたら占い止められそうだ

ブス!!つて叫んですつきりしたい
そうしたら占い止められそうだ
ゴキブリおつ!
記事編集 編集

件名 スレッドをトップへソート
名前
コメント

- WEB PATIO -